リピート率100%妊活サロン。33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による不妊専門鍼灸院です。

月別アーカイブ: 8月 2016

育児休業休暇をとりますか?の詳細へ

育児休業休暇をとりますか?

2016年8月31日

不妊鍼灸

「子供が生まれたら、家事・育児を手伝いたい!」 そう思う男性はたくさんいます。     ただ実際、休暇をとるためには、いろいろなハードルが :cry: 鍼灸サロンRicca 代表 藪崎 淳 より     日本法規...

続きを読む  »
「冷え性別の自宅でのお灸について④」の詳細へ

「冷え性別の自宅でのお灸について④」

2016年8月30日

症状

    今回は最後の冷え性タイプの「むくみがあるタイプ」についてです。     ④むくみがある冷え性タイプ 水が停滞しているタイプの冷え性は、水分の過剰摂取により水分代謝が悪くなって、 冷えている状態と考えられます。 ...

続きを読む  »
「冷え性別の自宅でのお灸について③」の詳細へ

「冷え性別の自宅でのお灸について③」

2016年8月27日

不妊鍼灸, 症状

    今回は「月経痛、肩こりのあるタイプの冷え性」についてです。     ③「月経痛、肩こりのあるタイプの冷え性」 月経痛や肩こり、痔などを伴うタイプの冷え性は、血流の滞りがあり、 それが続いて身体全体の働きも低下し...

続きを読む  »
冷え性別の自宅でのお灸について②の詳細へ

冷え性別の自宅でのお灸について②

2016年8月25日

不妊鍼灸, 症状

    今回は引き続き「下半身の冷え」についてになります。     ②下半身の冷えタイプ 頭はのぼせても、足元や下半身が冷えている状態です。 のぼせている自覚は感じませんが、足を触ると冷たく感じます。 そんなとき...

続きを読む  »
冷え性別の自宅でのお灸について①の詳細へ

冷え性別の自宅でのお灸について①

2016年8月23日

症状

    毎日湿気が強くジメジメしているので、だんだん身体の疲れが出てきていませんか?   この時期冷房による冷えを訴える患者様が本当に多いです。   ご自身でも冷房が入っている部屋にいるときは、カーディガンを着たり靴下、レッ...

続きを読む  »
生理不順も不妊に繋がるの詳細へ

生理不順も不妊に繋がる

2016年8月19日

不妊鍼灸, 症状

    最近当院に来院される患者様の中に、10代、20代の頃から生理不順で婦人科に通っていました、毎月生理は来るけど、周期がバラバラだったり、中にはいつくるか毎回わからないという方もいらっしゃいます。   妊活をする上で、生理周期のリズムが整って...

続きを読む  »
鍼灸による妊活サポートについての詳細へ

鍼灸による妊活サポートについて

2016年8月17日

不妊鍼灸

「不妊症に東洋医学でサポート」     先日、こんな記事を目にしました。 「一般社団法人国際統合治療協会が、啓発活動を行なっている東洋医学において、不妊症に対する新しい対策を発表した。」 とういうものです。     ...

続きを読む  »
快眠のコツは日中の過ごし方で決まるの詳細へ

快眠のコツは日中の過ごし方で決まる

2016年8月15日

症状

  まだ夜は寝苦しい日が続いていますが、皆さんは朝までぐっすり眠れていますか?   途中で目が覚めたり、夢をよく見るなど不眠に悩んでいる方は意外と多いです。   今回は夜寝るまでの過ごし方を工夫すると、睡眠の質が良くなる方法をお伝えします。...

続きを読む  »
不妊治療休暇の導入についての詳細へ

不妊治療休暇の導入について

2016年8月8日

不妊鍼灸

トヨタ、不妊治療休暇を導入へ…年に5日程度   トヨタ自動車が2017年1月から、不妊治療を行う従業員のために休暇制度を導入する方向で検討していることがわかった。   晩婚化が進み、不妊が社会問題となる中、産業界でトヨタに追随する動きが広がりそうだ。 ...

続きを読む  »
「繰り返すニキビには美容鍼」の詳細へ

「繰り返すニキビには美容鍼」

2016年8月7日

症状, 美容鍼

      大人になってからのニキビは思春期のニキビの原因とは違って、 ストレスや生活習慣、ホルモンバランスの乱れで起こることが多いです。   根本的な原因を突き止め、きちんと治療しないとまた同じところにニキビができてしまい...

続きを読む  »
「正しいタイミング法について」の詳細へ

「正しいタイミング法について」

2016年8月4日

不妊鍼灸, 症状

これから不妊治療を始める方や不妊治療を始めたばかりの方は、まず最初のステップとして 「タイミング法」での治療になります。   タイミング法とは、「最も妊娠しやすいタイミングにあわせて性交を行う」方法です。 そして多くの方が誤解しているようですが、最も妊娠しやすいのは...

続きを読む  »