33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による不妊専門鍼灸院です。
ホーム > スタッフブログ > 美容鍼 > 美容鍼|「にきび」が気になる
スタッフブログ

美容鍼|「にきび」が気になる

 - カテゴリー " 美容鍼 " -

お顔の「にきび」が気になる方は、こんなお悩みがありませんか?

 

・毎月、生理前で顎まわりのニキビで悩む
・便秘を繰り返しニキビが悪化する
・ニキビと頬まわりの毛穴が目立つ
・おでこのニキビでいつも前髪を下ろしている
・このニキビを良くして好きな人とデートしたい
・ニキビが気になって人と目を合わせて話せない
・塗り薬でもニキビが良くならない

 

 

_DSC7787

 

<ニキビの原因>

肌荒れの代名詞でもある「ニキビ」。
ニキビは顔面部にできることが多く、進行すると硬いシコリになったり膿を持つこともあり、思春期の男女や30歳位までの女性に多くみられます。

 

また、ニキビとは毛穴に皮脂が詰まり、そこにアクネ菌などの細菌が加わって炎症を起こした状態を言います。

 

 

1) ストレスや睡眠不足などによるホルモンバランスの乱れ

ストレスや日々の睡眠不足などによる生活の乱れによって、皮脂分泌や毛穴の角質に影響を与えているホルモンバランスが乱れ、ニキビができやすくなります。

 

2) 生理前のホルモンバランスの変化

生理がはじまる2週間前から直前までのあいだの黄体期と呼ばれる期間は、女性ホルモンのバランスに変化が起こり皮脂の分泌が促され毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビを起こしやすくなります。

 

3) 偏った食事による皮膚(肌)の健康バランスの乱れ

脂質や糖質の過剰摂取は、皮膚の健康バランスを崩し、ニキビの原因となります。
栄養バランスの偏った食事を続けたり、無理なダイエットを続けていると、皮膚の健康に欠かせないビタミンやミネラルが不足しがちです。

 

4) 間違ったスキンケア

皮膚を強くこすりすぎると角質を傷つけてしまい、ニキビの炎症を悪化させることがあります。
洗顔の回数が多すぎたり、クレンジングが過剰だと皮膚に必要な皮脂まで落としてしまい足りなくなった皮脂を補おうと皮脂腺の動きが活発になります。そうすると余計に皮脂が分泌されてニキビの原因になることがあります。

 

5) 思春期におけるホルモンの影響

思春期になると男性ホルモンの分泌が活発になりホルモンバランスが乱れ、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴をふさぎニキビを起こします。

 

6) 便秘による腸内環境の変化

女性は黄体期にホルモンバランスの変化が起こるため、便秘になりやすいといわれています。
便秘になると、有害物質が体の中に溜まり、腸内にさまざまな害を及ぼす悪玉菌が増加します。
そのため、新陳代謝が低下し皮膚細胞のターンオーバーの周期が乱れ、ニキビを引き起こす原因になります。

 

 

 

ニキビ現代人である私たちの多忙生活の中で、ホルモンバランスの乱れやストレスなどによる、どうしても予防できない「生活習慣」でできてしまいます。

 

 

<大人ニキビを治すには?>

WHO(世界保健機構)も美容鍼の効果を認めており、ニキビをはじめとした様々な症状に対して効果が期待できます。

鍼灸サロンRiccaの美容鍼では、真皮層にアプローチして肌のターンオーバーも促進していきます。
そのため、肌質の改善につながっていきます。
肌荒れで悩んでるいる方は当院の効果のある美容鍼をぜひお試しください。

 

home_001

カテゴリー: 美容鍼.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です