リピート率100%妊活サロン。33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による不妊専門鍼灸院です。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 空腹時間は作っていますか?
スタッフブログ

空腹時間は作っていますか?

 - カテゴリー " 症状 " -

 

 

 

空腹時間は体脂肪を燃やしてエネルギーに変えてくれる、痩せるためのゴールデンタイムです!

お腹が空いたからすぐに間食を摂らず、空腹感を楽しむ余裕を持つことも大切です 😛

1日3食食べないといけないというのはもしかしたら現代人の誤った思い込みかもしれません。

 

 

 

★空腹が健康に良い理由

 

 

①アンチエイジング効果

 

空腹になると働いてくれるサーチュイン遺伝子があり、若返り効果が期待されています。

サーチュイン遺伝子は細胞の中にいるミトコンドリアの働きを活性化させ、

身体のエネルギー効率を良くします。

ミトコンドリアは加齢とともに減少し、それが老化の原因になるので、

サーチュイン遺伝子を働かせることでミトコンドリアを元気にして

老化を予防できます。

 

ただし、細胞レベルでの若返りなので、少しお腹が空いたくらいで劇的に若返るわけではないです 😳

 

 

 

②成長ホルモンを分泌して代謝アップ

 

お腹が空くとグレリンというホルモンが分泌されます。

グレリンは食欲増進作用のあるホルモンで、成長ホルモンの分泌を促進することでも

知らせています。

成長ホルモンの分泌が促進されると新陳代謝が活発になります。

新陳代謝が良くなることは、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わるサイクルが

早まるということです。

 

 

 

③病気や疲労の回復効果

 

代謝が良くなるのは成長ホルモンのおかげもありますが、体内の酵素を余計な消化に

使わずに済むというのも一つです。

体内の酵素は年齢とともに減少すると言われていて、食べ物を消化したり代謝したりと

色々なところで使われます。

空腹の時間が長ければ食べ物を消化する時間も少なく、その分代謝が盛んになります。

 

 

 

 

④ストレスを感じにくくなる

 

満腹だと確かに幸せな気分になりますが、同時にやる気がなくなってだらけてきませんか? 🙁

それは消化にエネルギーを使っているので、どうしても頭の働きが弱まってしまうからです。

そうすると何をするにも面倒になったりします。

適度に空腹だと精神も研ぎ澄まされて頭がスッキリしているので、

ストレスを感じることなく仕事や勉強に集中できます。

このスッキリする感覚は、ファスティングして頂くとより体感しやすいです! 😀

 

 

 

 

 

⑤血流アップ

 

食べた後に眠くなるのは、消化活動のために胃腸に血液が集中するためですが、

その状態が長く続くと脳だけでなく、他の器官への血流も悪くなってしまいます 🙄

空腹の時間が長いということは胃腸に血液が集中する時間を少なくするということです。

それだけ身体の血流が良くなるという効果が期待できます!

 

 

 

空腹時間を楽しむポイントとしては、脂肪や老廃物も減らしてくれる空腹時間は、午前午後2時間ずつ作ることです。

 

お腹が空いたらまずはコップ1杯の水を飲みましょう。

それでも我慢できなければ、ナッツ、チーズ、など糖質以外の間食を摂りましょう 😳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらまで

TEL:027-386-6789

Email:info@ricca.jp

鍼灸サロンRicca LINE@ID:@qke0058o

鍼灸サロンRicca Instagram→https://www.instagram.com/ricca_takasaki

 

 

カテゴリー: 症状.