33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による不妊専門鍼灸院です。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 腸内環境を良くするために
スタッフブログ

腸内環境を良くするために

 - カテゴリー " 症状 " -

 

 

 

1日どのくらい水溶性食物繊維を摂っていますか?

 

 

水溶性食物繊維は腸内細菌の中でも「痩せ菌」と呼ばれるバクテロイデス細菌群のエサになります。

毎日適度に摂って痩せ体質を目指しましょう。

 

 

 

水溶性食物繊維を含む食品

 

 

・海藻・・・ワカメ、もずく

・野菜・・・らっきょう、にんじん、ごぼう、オクラ、モロヘイヤ、キャベツ、カボチャ

・キノコ・・・きくらげ、マッシュルーム、しいたけ

・豆類・・・納豆、インゲン豆、あずき

・果物・・・アボカド、キウイ

 

 

 

 

 

★腸内細菌の種類

 

主に「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つがあります。

 

・善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌)

 

体に良い影響を及ぼす菌です。

腸の働きを活性化させ、便秘や下痢を予防したり病気に対する抵抗力を高めたりします。

 

 

・悪玉菌(ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌)

 

主に体に悪い影響を及ぼす菌です。

腸内の腐敗を進め、便秘や下痢を起こします。

炎症を起こしたり発がん性物質を作り出したりします。

 

 

・日和見菌(バクテロイデス、大腸菌、連鎖球菌)

 

特に良い働きもしないが、悪い働きもしない細菌。

善玉菌が多いときはおとなしく、悪玉菌が増えると有害な作用を及ぼすことがあります。

 

 

 

 

 

★腸内フローラはバランスが大事

 

最近よく聞く「腸内フローラ」とは、人間の腸には100種類以上、100兆個以上もの

細菌が生息しています。

これらの腸内細菌は、小腸から大腸にかけてまるでお花畑(フローラ)のように

種類ごとに細菌が群生していることから、「腸内フローラ」と呼ばれます。 😳

 

 

腸内フローラの理想的なバランスは、

善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%になります。 😳 

 

善玉菌が増えると悪玉菌が減り、善玉菌が減ると悪玉菌が増えます。

健康のためには、善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスを整えることが重要です。

 

 

 

★なぜ腸内環境を整えるとダイエットにいいのか?

 

腸内環境を整えると、栄養をバランス良く吸収しやすくなるので、

少ない食事量でも満足感があり、食べ過ぎを防ぐことができます。

また腸が正常に活動することで、便秘やむくみの解消につながり痩せやすい体質に近づくことができます。

 

 

 

 

 

★あなたの腸内フローラのバランスチェック

 

 

□朝食を食べないことが多い

□食事は20分以内に済ませてしまう

□魚より肉を多く食べる

□スイーツが毎日欠かせない

□揚げ物、油ものが好き

□よく肌荒れを起こす

□野菜不足

□和食は1日1回以下

□コンビニ食、外食が多い

□定期的な運動をしていない

□乳製品や発酵食品はあまり食べない

□便やおならが臭い

 

3つ以上当てはまる人は要注意です!! 😯

 

 

腸内フローラのバランスが乱れているかもしれません。

食生活を見直して善玉菌を増やす工夫をしてみましょう。

腸のデトックス効果を高めるためには、遅くても就寝3時間前までに

夕食を済ませましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらまで

TEL:027-386-6789

Email:info@ricca.jp

鍼灸サロンRicca LINE@ID:@qke0058o

鍼灸サロンRicca Instagram→https://www.instagram.com/ricca_takasaki

カテゴリー: 症状.