リピート率100%妊活サロン。33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による不妊専門鍼灸院です。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > ダイエットには良質な油を積極的に摂取しましょう
スタッフブログ

ダイエットには良質な油を積極的に摂取しましょう

 - カテゴリー " 症状 " -

 

 

昔からダイエットには油は太ると言われてきましたが、実は油は健康維持やダイエットには積極的に摂った方がいいことがわかってきました。 😳 

 

 

 

*なぜ油を摂った方がいいのか?

 

 

油は血糖値を上げないので、肥満の直接の原因になることはありません。

2015年5月、日本動脈硬化学会が食事によって体内のコレステロール値は大きく変わらないという発表をしました。

コレステロールは細胞膜などの大切な構成要素なので、体内で多く合成されています。

食事から摂る油が多ければ体内の合成を減らして調整するので、問題はないということです。

 

 

 

*脂肪と脂質の違い

 

 

脂肪になりやすいからといってよく油を控えるダイエットをしている方が多いですが、

ダイエットを本気で成功させたいなら良質な油は欠かせません。

ここで間違いやすいのが、脂肪と脂質です。

脂肪となるのは糖質の過剰摂取です。

甘いお菓子や菓子パン、ケーキ、ご飯、パスタなど。

 

糖質を摂らなくなると、便秘になり消費エネルギーも低下し、筋肉量も減り、

リバウンドや痩せにくい体になります。

他にも良質な油を摂らないと、肌のハリや潤いがなくなり

女性ホルモンのバランスや生理不順といった女性の悩みまで増加させてしまいます。  😯 

 

 

 

 

 

*油の種類

 

 

不飽和脂肪酸(オメガ3系、オメガ6系)と飽和脂肪酸に分けられます。

不飽和脂肪酸は調理油や魚の油で、常温では液体状であり、

特に必須脂肪酸は体内では作られないため積極的に摂りたい油と言われています。

 

 

・オメガ3系(亜麻仁油、えごま油、サバ、イワシ)

 

脂肪になりにくく、中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やす働きがあるため、

ダイエットに最適な油です。

他にもうつ改善、血圧を下げる、動脈硬化を防ぐなどの効果があり、

ダイエット以外でも健康に気を付けたい方にも積極的に摂取したい油です。

 

サバ、イワシに含まれるEPA,DHAには、コレステロールを減らし、記憶力アップ、

認知症の予防にもなります。

 

 

 

 

 

・オメガ6系(コーン油、綿実油、ベニバナ油、乳製品)

 

 

免疫力アップやエイジングケア、血管の膨張を抑え、血栓の予防など様々な効果が得られます。

炒め物の調理や外食、コンビニなどでもオメガ6系は使用されているので、

摂りすぎないように十分心掛けましょう。

過剰摂取は善玉コレステロールを減らし、生活習慣病のリスクが高まったり

リウマチ関節炎やアレルギーや喘息などを引き起こしてしまう原因になります。

 

理想的なバランスは、オメガ3系:オメガ6系=1:4

 

 

 

 

・オメガ9系(オリーブオイル)

 

 

脂肪や糖の代謝を促進する働きがあり、不飽和脂肪酸の中では最も酸化がしにくく

抗酸化成分が多く含まれているため、ダイエットや美容効果が高く期待できます。

他にも動脈硬化を防ぎ、便秘解消にもなるのでダイエットに欠かせない油です。

 

オリーブオイルは加熱せず、サラダにかけるような使い方をしてなるべく早く使い切るようにしてください。

油を選ぶ時のポイントですが、加工や添加物が入っていないものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらまで

TEL:027-386-6789

Email:info@ricca.jp

鍼灸サロンRicca LINE@ID:@qke0058o

鍼灸サロンRicca Instagram→https://www.instagram.com/ricca_takasaki

 

カテゴリー: 症状.