はりきゅう治療専門 女性専用 群馬県高崎市の鍼灸院です。不妊治療、美容鍼をご希望の方、来院をおまちしております。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 現代人は糖質の摂りすぎ
スタッフブログ

現代人は糖質の摂りすぎ

 - カテゴリー " 症状 " -

 

 

春に向けて温かくなりファッションやヘアメイクも春らしく変わって

イメージチェンジする方も多いのではないでしょうか?

 

これから本格的にダイエットやボディラインを引き締めたい方は、

運動も大事ですが毎日の食習慣が今のあなたの体を作っているので、

食事管理は運動以上に大切です。

 

 

今回は最近よく聞く糖質制限ダイエットの「糖質」についてまとめてみました。

 

 

 

★糖質について

 

 

小腹が空いたときについ手が伸びてしまう、ケーキ、菓子パン、せんべい、スナック菓子など。

これらに共通するのは、糖質が多く含まれていることです。

現代人の多くは、糖質を摂りすぎる傾向があります。

糖質は血糖値を上げて太る原因になる栄養素で、過剰に摂取すると体内で脂肪として蓄積されます。

食べた時は糖質なのに体内で脂肪に変わるのは、体内でコンパクトに貯蔵するためには

油の方が適しているからです。

 

 

 

 

★糖質と炭水化物の違い

 

 

炭水化物には糖質だけでなく、体に欠かせない食物繊維が含まれます。

炭水化物=食物繊維+糖質

つまり、痩せるために減らすべきものは、炭水化物ではなく糖質です。

糖質は甘い物だけでなく、白米、麦などの穀類、イモ類などに含まれるデンプンも糖質の一つです。

 

 

 

 

 

★なぜ糖質を減らすと痩せられるのか❓

 

 

それは体が脂肪を燃やしてエネルギー源を作るようになるからです。

糖質を多く摂ると、糖を分解したブドウ糖がエネルギーとして使われます。

しかし、糖質が入ってこないと体は脂肪を燃やしてケトン体というエネルギー源を利用するようになります。

つまり、脂肪をどんどん燃やす回路が活性化されることで、痩せやすくなります。

 

 

また、糖質を減らすと痩せるだけでなく、体調面でも様々なメリットがあると言われています。

カロリー制限をすれば痩せられると考える人がまだまだ多いようですが、

大切なのは低カロリーではなく低糖質、糖質を制限しても野菜や肉、魚、大豆製品などはしっかり食べることができます。

おいしく食事を楽しみながら痩せられることこそ、糖質制限のメリットですね 🙂

 

 

 

 

★やってはいけない生活習慣

 

 

現在太っていなくても30代~40代女性に糖尿病予備軍が増えています。

実は太りやすい生活習慣、これらに当てはまっていませんか?

 

 

・朝食にスムージーを飲んでいる。

・全粒粉のパン、雑穀米、玄米などを積極的に摂っている。

・朝食を抜くなど1日の食事が3食以下。

・油ものは控えるようにしている。

・甘い物が好きなので、その分食事は控えるようにしている。

 

 

これらに共通することは、すべて血糖値を上げる生活習慣です。 💡 

 

 

血糖値とは、血中のブドウ糖濃度のことです。

糖質の多い食事を摂ると、血糖値は急激に上がります。

それをインスリンというホルモンが働いて血糖値を下げます。

糖質の多い食生活を続けると、インスリンを過剰に分泌させることになりますが、

これが続くと膵臓が悲鳴を上げて、だんだんインスリンを出す力がなくなって

血糖が高いままとなり、結果として糖尿病になります。

そのため血糖値を急激に上下させない食生活が重要になります。

 

 

 

 

例えば女性が好きなスムージ―は、野菜だけならいいですが飲みやすくするために

果物やハチミツなど糖類を加えることが多いので、

糖質が高くなります。

 

 

 

 

全粒粉や玄米は精製していないものは健康にいいと思われがちですが、

多少のミネラルは摂れるものの、糖質量自体は変わらないためそれが太る原因になります!

 

 

 

 

★健康面だけでなく、美容にも悪影響の糖化

 

 

最近注目されているのが、「糖化」です。

糖化とは、体の中のタンパク質に余分な糖がくっつくことでタンパク質が劣化し、

体を老化に導く物質を作ることで、結果的に体の酸化(体のサビ)も導くと言われています。

酸化がサビなら糖化は体の焦げのようなものです。

糖化が起こると、シミが増え顔にシワができたりと健康面でも糖尿病や

高血圧、癌や動脈硬化などの大きな影響があると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらまで

TEL:027-386-6789

Email:info@ricca.jp

鍼灸サロンRicca LINE@ID:@qke0058o

鍼灸サロンRicca Instagram→https://www.instagram.com/ricca_takasaki

 

カテゴリー: 症状.
Twitter