33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による不妊専門鍼灸院です。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 腸内環境を整えて免疫力を上げましょう
スタッフブログ

腸内環境を整えて免疫力を上げましょう

 - カテゴリー " 症状 " -

 

 

 

皆様は最近このような症状でお悩みはありますか?

 

 

・やる気が出ない

・疲れすい

・だるい、なんとなくもやもやする

・不眠

・冷え、ほてり

・日中眠くなる

・肌のかさつきや痒み

・アトピーや喘息

・便秘や下痢

・肩こり、背中の張り

・生理不順など子宮の影響

・ホルモンバランスの乱れなど

 

 

他にも色々ありますが、これらすべての原因が腸内環境が関係しています。

 

 

 

腸内環境のバランスが崩れる原因として以下のものが挙げられます。

 

 

1.ストレス

2.睡眠不足

3.運動不足

4.食事に偏り

5.ホルモン、自律神経の乱れ

6.薬の飲みすぎ

 

 

 

 

腸は第二の脳といわれるくらい、脳と腸は自律神経を介して密接に繋がっています。

 

汚染物質や腸内細菌のバランスの乱れから自律神経のバランスを崩しやすいです。

 

腸にはセロトニンという神経伝達物質が多く、(セロトニンは心のやすらぎ、安定、平常心)

脳はたった2%、腸は90%もこのセロトニンが占めています。

 

したがって、腸内環境を整えることで様々な自律神経失調症の症状を改善することができます。

 

 

神経伝達物質やホルモンは、良質なアミノ酸から作られます。

 

現代人の多くはタンパク質不足です。(特に女性)

 

婦人科疾患がある方はさらに不足しています。

 

 

さらにタンパク質不足により免疫力が落ちて、膀胱炎、アレルギー、子宮頸がん、

自己免疫疾患、がんなどを引き起こします。

 

また最近の研究でタンパク質の不足で精神病、うつ病になることもわかってきています。

 

 

 

 

 

 

 

腸内環境を整えるために!

 

 

・食物繊維を摂る

 

 

腸内環境のバランスを整える役割が食物繊維になります。

特に酪酸菌(善玉菌の一つ)がとても大切な菌で、この酪酸菌は食物に含まれているのではなく腸内に生息していて、野菜を多く摂ることで活性化し増殖します。

またこの酪酸菌を多く持っている人ほど病気になりにくく長寿傾向にあることがわかっています。

 

 

 

よく野菜を大きいお皿1杯とりましょうといわれますが、毎回多くの野菜をバランスよく食べるのは難しいですよね。

しかもこれからの時期は忘年会、年末年始のイベントなどで飲み会や食事会が増えて

食事も偏りがちですよね。

そんな時は手軽に摂取できる乳酸菌や食物繊維が入っているサプリや豊富な野菜が摂れる青汁などもオススメです!

ただサプリもどの製品でも良いというわけではないので、本当に品質にこだわって安心、安全なものを飲んで頂きたいので、どれを飲んだらいいかわからないという方は是非ご相談してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらまで

TEL:027-386-6789

Email:info@ricca.jp

鍼灸サロンRicca LINE@ID:@qke0058o

 

 

カテゴリー: 症状.