はりきゅう治療専門 女性専用 群馬県高崎市の鍼灸院です。不妊治療、美容鍼をご希望の方、来院をおまちしております。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 熱中症対策はスポーツドリンクだけではダメ!
スタッフブログ

熱中症対策はスポーツドリンクだけではダメ!

 - カテゴリー " 症状 " -

 

 

 

毎日猛暑が続いていますが、皆様体調はいかがでしょうか?

 

 

熱中症は室内にいても起こりますので、まずはこまめに水分を取るようにしましょう。

 

今年は特に猛暑なので、いつも以上に熱中症対策に気を付けたいですね。

 

 

 

 

熱中症の原因としては、水分と塩分の不足になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

気温とともに体温も上昇するので、体は発汗によって体温を下げようとします。

この汗には水分だけでなく塩分も含まれていて、両方失われると脱水症になります。

 

 

脱水症を放っておくと熱中症から熱射病へと移行します。

 

 

理想はのどが渇く前にこまめに水分を取りましょう。

 

 

 

 

脱水症と熱中症の違いについて

 

 

 

・脱水症

 

 

水と電解質(塩分が水に溶けたもの)で構成される体液が汗で失われ、

その補給ができていないと脱水症になります。

 

 

脱水症になると血液量が減り、血圧が低下します。

必要な栄養素が体に行き渡らなくなって、不要な老廃物を排泄する力も低下します。

食欲不振になったり、骨や筋肉から電解質が失われることで脚がつったりしびれたりします。

 

 

 

・熱中症

 

 

気温の高い環境で生じる健康障害のこと。

体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の温度調節機能が働かなくなり

体温上昇、めまい、倦怠感、けいれんや意識障害などが起こります。

 

 

 

 

熱中症や脱水症を防ぐためにも水分、塩分補給が大事ということですが、

 

タイトルにもあるようになぜスポーツドリンクだけでは不十分なのでしょうか?

 

 

 

 

 

その理由は、汗をかくことでカリウムが失われます。

カリウムは細胞内液に多く含まれていて、失われると細胞内が脱水症状になります。

 

ナトリウムを排出する働きがカリウムなので、汗をかいたときや運動した時は

意識的にスポーツドリンクをとってください。

 

 

しかし脱水を起こした時はスポーツドリンクを飲んでも細胞外液にしか水分がいきません。

 

 

 

そのため、細胞外液と細胞内液の両方補充できる飲み物でおすすめなのが

 

「OS1」です。

 

 

 

OS1はナトリウムだけでなく、ブドウ糖も入っています。

 

スポーツドリンクにはブドウ糖が入っていないので、水分を吸収するときに

 

適した濃度になっていません。

 

どちらかというとエネルギー補給のためなので、水分補給にはなりません。

 

 

 

 

日中や就寝時に大量の汗をかいて失われたカリウムを補給するためにも

 

食べ物からもカリウムを補いましょう。

 

 

 

カリウムを多く含む食べ物としては、じゃがいも、そら豆、バナナ、インゲン豆、

 

海苔、小豆、ほうれん草、ひじき、パセリなどです。

 

 

 

 

この他にも夏野菜や旬の果物もおすすめです。

 

 

きゅうり、なす、トマト、トウモロコシ、ゴーヤ、オクラ、モロヘイヤ、スイカなどの

旬の野菜や果物は水分が多く、体を冷やす作用があります。

 

また、疲労回復に役立つビタミンB群、

体の調子を整えて免疫力を高めてくれるビタミンCも多く含んでいるので、

熱中症対策にもなります。

 

抗酸化力も高いので、美容や健康面にも良い効果がいっぱいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 症状.
Twitter