はりきゅう治療専門 女性専用 群馬県高崎市の鍼灸院です。不妊治療、美容鍼をご希望の方、来院をおまちしております。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > タイプ別の便秘解消法
スタッフブログ

タイプ別の便秘解消法

 - カテゴリー " 症状 " -

 

 

今回はタイプ別に分けて便秘解消法をご紹介します。

 

それぞれのタイプから解消法を実践してみてください。

 

 

 

 

1)運動不足便秘

 

★一日8時間はパソコンの前に座っている。

★階段を使わず、エスカレーターやエレベーターを使う。

★ちょっとした買い物でも車を使う。

★体をねじる、ひねる運動をほとんどしない。

 

 

このタイプは、まず軽い運動をしましょう。

腹筋を使ってひねることで大腸が刺激され、ぜんどう運動が促進されます。

ウォーキングや軽いひねる運動から始めましょう。

 

 

 

 

2)ストレス便秘

 

★旅行や試験前に緊張するとお腹を壊す。

★下痢と便秘を繰り返す。

★くよくよしたりイライラしやすい。

★日々ストレスを感じやすい。

 

 

 

このタイプは、リラックスする時間を作りましょう。

ストレスがかかると腸がけいれんを起こし、腸の内容物が正常に

運ばれなくなります。

その結果、便秘になってしまいます。

 

 

 

3)我慢便秘

 

★朝は忙しくてトイレに行けない。

★便意を感じるときに近くにトイレがないことが多い。

★家以外のトイレで便をするのが気になる。

★おならを我慢する。

 

 

このタイプは、トイレに行く時間を作りましょう。

忙しいとトイレを後回しにしがちですが、自分の生活パターンの中で

行けるタイミングを見つけましょう。

 

 

 

4)夜遅食べ便秘

 

★夜遅くに何か食べてしまう。

★朝起きた時に胃もたれ感がある。

★毎日の食事時間がバラバラ。

★夕食は揚げ物や肉が多い。

 

 

このタイプは、空腹で寝て腸の掃除力をアップしましょう。

胃がいっぱいのまま寝ると、腸が食べたものを肛門の方へ押し出して

掃除する収縮活動が起きにくいです。

夕食から眠るまで3時間以上とれない時は、何も食べずに寝るのが理想的です。

空腹すぎて眠れないときは、ヘルシーな野菜スープなどにしましょう。

 

 

 

5)ダイエット便秘

 

★糖質制限ダイエットでご飯を食べない。

★ダイエットで食事量を減らしている。

★生野菜ばかり食べる。

★ダイエットのために下剤を頻繁に飲む。

 

 

このタイプは、食物繊維を摂りましょう。

生野菜だけでなく、食物繊維を摂って便の材料が不足しないようにしましょう。

 

 

 

 

便秘をほっておくと、ニキビや吹き出物ができるだけなく

冷えやむくみ、胃の不調など体全体の不調にもつながっていきます。

ひどくなる前に鍼灸治療で体の不調を整えてみませんか?

 

 

 

ご予約はこちらまで⇒TEL:027-386-6789

 

カテゴリー: 症状.
Twitter