はりきゅう治療専門 女性専用 群馬県高崎市の鍼灸院です。不妊治療、美容鍼をご希望の方、来院をおまちしております。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 子宮内膜症と鍼灸治療
スタッフブログ

子宮内膜症と鍼灸治療

 - カテゴリー " 症状 " -

 

 

婦人科系の病気は様々な種類がありますが、最近20代から30代の女性に多い「子宮内膜症」についてご紹介します。

 

 

 

子宮内膜症とは、子宮内膜が子宮以外の組織や臓器に飛び火して

増殖していく病気です。

 

 

本来あるべきではないところに子宮の内膜ができて増殖するため、

月経のとき出血を起こし、炎症や癒着が起こって排卵や受精、

また卵管にダメージを与えてしまいます。

 

 

また、激しい月経痛や過多月経、性交痛などの症状が現れやすくなります。

 

 

 

 

 

さらに卵巣内に子宮内膜ができると、生理の度に少しずつ血液がたまり、

卵巣は肥大し、ドロドロになります。

その状態がチョコレートに似ていることから「チョコレートのう胞」と呼ばれます。

 

 

こののう胞があると、不妊の原因になるばかりか、大きくなって破裂すると吐き気、激しい下腹部痛に襲われることもあります。

 

 

 

これらの子宮内膜症だけでなく子宮筋腫なども東洋医学では

「冷え」による「おけつ」体質(血の滞り)と考えています。

 

 

 

 

このおけつ体質を改善させるためにも、気血の巡りを良くしていくことが大事です。

 

 

 

血の滞りの原因も様々ですが、冷え以外にも運動不足だったり

食事のバランスが悪かったり、偏食、無理なダイエット、

仕事や人間関係の悩みからストレスを感じたりなどです。

 

 

 

普段から冷えないように気をつけることも大事ですが、

日常生活に鍼灸治療を取り入れて頂くと、心身ともにリラックスできて

体質も変わりやすくなります。

 

 

鍼灸治療は自律神経のバランスも整えていくので、治療中でも緊張感がなくなりリラックスして眠ってしまう患者様も多くいます。

 

 

 

 

・毎月の生理痛が重い、痛み止めが欠かせない。

・年々生理痛がひどくなる。

・生理以外でも下腹部痛がある。

・排便時に痛みがある。

・血便、血尿がある。

 

ひとつでもあてはまる方には、まずはおけつ体質を改善するためにも

鍼灸治療と合わせて自宅でのセルフ灸もして頂くとより効果的です。

 

 

お灸のやり方やツボの場所がわからないなど、ご不明点などあれば

お気軽に治療中にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 症状.
Twitter