はりきゅう治療専門 女性専用 群馬県高崎市の鍼灸院です。不妊治療、美容鍼をご希望の方、来院をおまちしております。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 女性ホルモンは多い方がいい?
スタッフブログ

女性ホルモンは多い方がいい?

 - カテゴリー " 症状 " -

 

 

 

女性ホルモンの一つエストロゲンには、弾力のある肌を作ったり、

髪に艶を出したり、気分を前向きにする働きがあるため

女性としての魅力を高めてくれます。

 

 

 

エストロゲンの分泌が減ると、肌がかさつく、髪がパサパサになる、

抜け毛が増える、気分が落ち込むなどの症状が出ます。

 

 

そのため、エストロゲンがたくさん出ればいいと思いがちですが、

エストロゲンは乳腺や子宮に強く作用するホルモンです。

 

 

 

 

ホルモンバランスが正常であれば、抗エストロゲン作用のあるプロゲステロンが適切な時期にエストロゲンをしずめます。

 

 

 

しかし、プロゲステロンが不足したりしてエストロゲンの量が多い期間が

長く続くと、乳腺や子宮内膜に過剰なストレスがかかり、

正常な状態を維持できなくなります。

 

 

そのため、乳腺が刺激されて乳がんの発症率が高まったり、

子宮内膜が分厚くなって子宮内膜症や子宮体がんの発症率が高まったり、

子宮筋腫ができたりします。

 

 

 

出産経験のない人や、早くに生理が始まった人、

遅くに閉経を迎えた人、不必要なホルモン補充療法を受けた人は、

乳がんのリスクが高まります。

 

 

これらに共通しているのが、エストロゲンが長期間

分泌しているということです。

 

 

 

エストロゲンは多くても良くないし、少なくても良くないです。

プロゲステロンも同様です。

 

 

 

では、女性ホルモンはどうのような状態であると良いのでしょうか?

 

 

 

 

 

それは、、、、

 

 

 

 

 

 

 

エストロゲンとプロゲステロンがバランスよく分泌される状態です。

 

 

 

 

20160910132232

 

 

 

 

 

生理前、生理後、排卵前後などのエストロゲンとプロゲステロンが、

バランス良く分泌され、生理が順調であることが、

女性の美と健康につながっていきます。

 

 

 

そのためよく患者様から質問されますが、

「生理中でも鍼灸治療はできますし、生理前後、排卵前後、黄体期

それぞれホルモンバランスが変わる時期に合わせて通って頂くと、

ホルモンバランスや自律神経のバランスも整っていきます。」

 

 

 

現在生理周期が安定せず生理不順だったり、毎回生理痛が強くて鎮痛剤を服用している人、これから妊活を考えている人にも

ぜひご自身の生理と向き合って頂きたいです。

 

 

生理はただ単に子宮から血液を外に出すだけの働きではありません。

 

妊娠するための準備に必要な大切な体の働きです。

 

 

 

 

女性ホルモンを整えて毎日をより快適に過ごせるようにしましょう。

 

カテゴリー: 症状.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter