はりきゅう治療専門 女性専用 群馬県高崎市の鍼灸院です。不妊治療、美容鍼をご希望の方、来院をおまちしております。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 実りの秋は、肺が毒だし
スタッフブログ

実りの秋は、肺が毒だし

 - カテゴリー " 症状 " -

 

 

10月に入っても寒暖の差が激しくて、体調を崩す方が多いですが

皆さんは大丈夫でしょうか?

 

 

 

東洋医学では五臓と季節は密接な関係があります。

今は秋なので、「肺」の季節です。

 

 

 

 

肺はたまっている毒素を出そうとして、病気を治そうとします。

のどや鼻から、咳、鼻水などの形で毒素を外に出そうとするので、

春ほどではないですが、アレルギー症状などが起きやすくなります。

 

 

 

 

肺は西洋医学では呼吸器としかとらえられていませんが、

東洋医学では肺は大腸、皮膚、体内にあるすべての内膜、粘膜に

密接な関係があるとされています。

 

 

 

肺、大腸、皮膚は排泄機能も受け持っているため、下痢や便秘がちの人、

皮膚病の人は、肺や大腸が悪いと考えられます。

 

 

 

 

秋は特に注意して毒だしに努めてください。

この時期に下痢が続いたり、湿疹が出たりするのは、こうした理由によるものです。

 

 

 

秋の初めには、熱が出ることもよくあります。

これは、夏の間に甘いものや果物を摂りすぎたり、強い日差しでのぼせたりして、冷えたのが原因です。

 

 

一時的に解熱剤で熱を抑えても冷えはそのままなので、

生命維持のため体は何とか温めようとして、あとからまた発熱するおそれが

あります。

 

 

すぐに解熱剤に頼るより、なるべく半身浴を心掛けて熱を下げるようにしましょう。

 

 

 

 

また、入浴時以外は靴下をたくさん重ね履きして温かくすることも効果的です。

体の芯の冷えが抜ければ、熱は下がります。

 

 

 

 

実りの秋

 

 

秋はまた、稲の収穫期です。

実りの秋、食欲の秋といって、ご飯がおいしい季節ですが、

食べ過ぎないように注意して、ゆっくりよく噛んで食べましょう。

カテゴリー: 症状.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter