群馬初の妊活ファステイング。33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による妊活専門鍼灸院です。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 流産を乗り越えるために
スタッフブログ

流産を乗り越えるために

 - カテゴリー " 症状 " -

 
不妊治療中の患者様はなるべく早く妊娠したいと思う気持ちが強いと思います。

 

今まで妊娠判定が出ていない方は特に「妊娠するためには」ということに

意識が強いので、流産になってしまうととても精神的なショックが大きいですね。

 

 

 

たとえ不妊治療をしていても自然妊娠していても、流産することは誰にでも

起こり得ることです。

 

そして年齢が上がれば流産率も上がってしまいます。

 

 

妊娠しても、そのほとんどが流産を繰り返す「反復流産」「習慣流産」です。

 

 

一般に100人が妊娠すれば10~15人は流産すると言われています。

 

 

流産の中でも多いのが染色体異常によるものです。

 

 

一般的には全体の30%程度と言われていますが、流産の20%近くは

偶発的な因子不明の流産です。

 

 

 

 

妊娠後に無事に出産できるまでには、はやり質の良い受精卵でなければ

継続するのは難しいと思います。

 

 

そのためにも妊娠前の体の状態を整えることがとても重要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東洋医学では妊娠・出産は「腎」が関係しています。

 

 

この腎のエネルギーが不足していると、妊娠力が低下していると判断します。

 

そこで東洋医学の主な治療は、腎の精力の強化を行います。

 

 

腎のエネルギーが低下していると、自律神経の調節も上手くいきません。

 

 

自律神経は基本的な生命活動全てをコントロールしていて、ありとあらゆる細かい調整を行ってくれています。

 

 

妊娠を維持させるかどうかも、自律神経が大きく関わっています。
妊娠はいわゆるオプション機能なので、まずは母体が元気で生きていることが優先です。

 

 

そこで腎のエネルギーが不足していると、母体保護のため自律神経がエネルギー不足を察知して、妊娠を中止にしてしまうと考えられています。

 

 

 

妊娠・出産にいたるためにも自律神経の働きを整えることがとても重要になります。

 

 

そのためには、規則正しい生活、バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動、

ストレス緩和などの習慣をつくることが大切です。

 

 

当院の治療では自律神経のバランスを整えることで、血流やホルモンの流れをスムーズにしていきます。

 

腎のツボや生殖器系に関わるツボを使いながら、患者さんの体調に合わせた治療をしてきます。

 

 

 

 

 

baby-hands-251273_640

 

 

 

 

 

 

今までタイミングや人工授精を何度も繰り返しても結果が出ない方、

 

体外受精のステップアップを検討している方、体の体質改善したい方などはまずは一度全身治療をしてみてください。

 

初めての方には「接触鍼」といって、刺さない優しい治療スタイルになるので、

 

痛みはほとんど感じません。

 

 

 

疑問や不安があればいつでもご連絡してください。

 

ご予約、ご相談はこちらまで➡TEL:027-386-6789

 

 

カテゴリー: 症状.