33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による不妊専門鍼灸院です。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 冷え取り靴下の効果とは?
スタッフブログ

冷え取り靴下の効果とは?

 - カテゴリー " 症状 " -

 

 

最近芸能人の方でも冷え取りの靴下を履いて、冷え取りをしているようで

当院に来られる患者様の中でも妊活のために冷え取り靴下を履くようになった方が増えてきました。

私自身も二年前から冷え取り靴下の健康法は続けています。

 

 

体の冷えに悩む女性は多いですよね。数ある冷え対策グッズや対策法のなかで、

「冷えとり靴下」をご存知でしょうか。

 

基本的に絹と綿の靴下を交互に重ねて履くという方法で、

手軽に始めることができる冷え対策として、注目されています。
冷え性の原因は様々です。女性ホルモンのバランスが崩れること、自律神経の乱れ、

貧血、低血圧などが原因といわれています。

 

寒いときには、人の体は大切な内臓が集まる体の中心を優先して温めます。

臓器の少ない下半身にまで血液が巡らないことで、体温が低くなります。

上半身より下半身が冷たい状態を冷えといいます。

 

 

冷えとりとは、頭寒足熱を取り入れた健康法です。

方法はいくつかありますが、靴下の重ね履きをして足元から暖めます。

 

 

基本的には「絹→綿→絹→綿」の順番で、絹と綿、もしくはウールなどの

天然素材の靴下を交互に最低でも4枚重ね履きします。

 

靴下の枚数は、「最低4枚」であって4枚が良いというわけではありません。

ただ冷えを感じたら、なるべく多く重ねて履くようにしてください。

重ねて履いているとだんだん冷えを強く感じることがあります。

今までが冷えていてわからなかったですが、感覚が正常になってきた証拠です。

枚数を減らさず、半身浴したり、湯たんぽを活用して冷え取りを続けていきましょう。

 

 

冷えとり靴下を履くことで以下の効果が期待できます。
● 体温が高くなり、免疫力がアップする
● 代謝が上がり、肌ツヤが良くなる
● 子宮や卵巣の機能が正しく働くことで、生理痛が軽減する
● 基礎代謝が上がり、太りにくい体質になる

 

靴下の履く順番は、「絹の5本指の靴下→綿の5本指靴下→絹の靴下→綿の靴下」4枚の

重ね履きが基本です。

最近では通販サイトで販売しているお店が増えてきました。
冷えの強い人には、5枚、6枚、さらに多い枚数のセットもあり、綿の代わりに

保温性に優れた、ウール製の靴下セットもあります。

 

また手軽に冷えとり靴下を活用するために、内側が絹、外側が綿やウール素材の

2層構造で厚みを抑えた靴下も出ています。
初めて冷えとり靴下にチャレンジする人には、4枚セットがおすすめです。

カテゴリー: 症状.