33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による不妊専門鍼灸院です。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 半身浴での温まり方
スタッフブログ

半身浴での温まり方

 - カテゴリー " 症状 " -

 

 

寒い季節の冷え対策として、皆さん「半身浴」をされている方が多いと思いますが、

間違った入浴方法だど逆効果になってしまいます。

 

 

正しい入浴法は、みぞおちから下あたりをお湯につけ、腕も外に出します。

体温より少し高い程度(37~38℃)のお湯に、最低でも20分~30分つかります。

 

体の芯から温まり、じわじわ汗が出ますし、湯冷めせずにすみます。

 

面倒くさいからといって、毎日シャワーばかりでは体も冷えて睡眠の質にも悪影響です。

 

半身浴だと上半身が寒く感じたり、肩まで入らないと風邪ひきそうと思う方もいるかも

しれませんが、熱いお湯だと皮膚の表面がバリアを作って中に熱を入れないようにしています。

 

せっかく入っても体の芯が冷えたままで、お風呂から出た後でもすぐ足元から冷えてしまいす。

 

 

半身浴中は時間を持て余してしまうと思うので、浴槽のフタを半分して本や雑誌を

読んだり、防水オーディオプレイヤーなどで音楽を聴きながらリラックスしてもいいですね。

ただし、水分補給は忘れずにしましょう。

カテゴリー: 症状.