群馬初の妊活ファステイング。33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による妊活専門鍼灸院です。
ホーム > スタッフブログ > 不妊鍼灸 > 群馬県特定不妊治療費助成金について
スタッフブログ

群馬県特定不妊治療費助成金について

 - カテゴリー " 不妊鍼灸, 症状 " -

群馬県では、中々子宝に恵まれない夫婦に対して不妊治療費を補助してくれる制度を設けています。

具体的には医療保険が適用されない体外受精及び顕微授精などの特定不妊治療に対し、

治療費の一部を助成してくる群馬県特定不妊治療費助成事業を開設しています。
ただし、群馬県の特定不妊治療費助成事業ですが、補助金給付を受けるには所得制限があるという事です。

具体的には夫婦合算の所得額が730万円未満が支給の条件ですので注意しましょう。

 

 

群馬県不妊治療費の助成制度の対象者は?

 

給付を受ける為には法律上の婚姻関係にあることが大原則です。

基本的に群馬県内で婚姻関係にある夫婦である事が前提条件です。

 

また、対象の治療法は体外受精及び顕微授精等の高度生殖医療であり、

簡易的な不妊検査等は補助の対象外ですので注意が必要です。

 

 

平成28年4月1日から以下の通り新制度に完全移行します。

詳しくは群馬県のHPをご覧ください。

 

*新制度

対象年齢:43歳未満
年間助成回数:限度なし
通算助成回数:初回40歳未満 通算6回、初回43歳未満 通算3回
通算助成期間:限度なし
この助成金制度からもわかる通り、年齢によって回数が異なります。

特に43歳以上になると、体外受精や顕微授精をしても治療成績が上がりづらく、40歳で約20%、45歳では約5%になります。

 

 

たとえ妊娠できたとしても、無事に出産までたどり着くかどうかまで考えると

さらに成功率は減少します。

 

長期化の治療を避けるためには、できるだけ妊娠しやすい体作りが大切です。

40代は加齢の影響でどうしても卵子の質が低下してしまいますが、できるだけ生殖機能の低下を遅らせるためにも日々の生活習慣を見直しましょう。

 

栄養バランスのとれた食事やストレスの少ない生活、適度な運動などを心がけることが

妊娠率を高めることにつながります。

カテゴリー: 不妊鍼灸, 症状.