群馬初の妊活ファステイング。33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による妊活専門鍼灸院です。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 美容鍼の効果②肌の仕組みついて
スタッフブログ

美容鍼の効果②肌の仕組みついて

 - カテゴリー " 症状, 美容鍼 " -

 

前回の続きで、肌の仕組みついて説明していきます。

 

 

 

肌は『表皮』と呼ばれる表面上を覆っている皮膚と、『真皮』と呼ばれる内面上の

皮膚構造があります。

これらは、私たちの肌を外部や内部の刺激から守ってくれる役割を担っています。

 

また、肌は刺激により摩耗していきますが、たえず新しい細胞を『再生』させるという

働きを持っています。

 

 

 

 

美容鍼

 

 

 

 

たるみやシワなどは弾力がなくなった状態なので、鍼を刺すことで表皮だけでなく、

真皮層にまで働きかけてくれるので、自然治癒力によってコラーゲン、エラスチンの

再生や増殖につながります。
『表皮』は、表面上を覆う皮膚で、5つの層から成り立っています。

表皮の一番下「基底細胞層」で新しい表皮細胞が作られ、

その後、約28日間で表皮の一番外側に届き「角質層」となります。

そして、約14日で垢として剥がれ落ちていきます。このような表皮の新陳代謝、

生まれ変わりの事を「肌のターンオーバー」といいます。

 

たとえ表皮に傷がついたとしても、ターンオーバーで絶えず表皮細胞は入れ替わるので

また、1ヶ月も経つと新しい皮膚となります。
ターンオーバーは、年齢を重ねるごとに『サイクル間隔』も短くなります。

そのため、肌の再生が遅くなり、ハリのある肌を保つことができなくなります。

 

このようなターンオーバーの周期の乱れには、ホルモンバランスを整えていきます。

美容鍼を続けていくと、正常な周期に戻っていき、乾燥せず潤いのあるお肌に

生まれ変わっていきます。

 

初めての方にも安心して施術できる痛みの少ない治療になりますので、

気になる方はまずはお電話をお待ちしております。

 

ご予約はこちらまで→TEL:027-386-6789

 

 

 

カテゴリー: 症状, 美容鍼.