群馬初の妊活ファステイング。33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による不妊専門鍼灸院です。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 40代の妊娠率と流産率
スタッフブログ

40代の妊娠率と流産率

 - カテゴリー " 症状 " -

20代、30代と違って40代での妊娠率は一気に低下していきます。

 

日本産婦人科学会のデータによると、体外授精を行った場合、

20代半ばの移植による妊娠率は4割ほど。

 

35歳以降から下がり始め、41歳を過ぎると治療をしても2割以下になってしまいます。

 

年齢が上がれば流産率も上がってしまうので、

実際に出産するまでには40代になると1割以下になります。
40代の流産確率

 

40代に入ると流産率もぐっとあがります。
40歳で約40%、45歳で約50%と言われています。

10人の内、4〜5人が流産してしまいます。

 

当院でも40代で妊娠している方もいらっしゃいますが、中には流産してしまう方もいます。

最初から治療でずっと診ていたのでとても残念ですが、

これだけ最新の生殖技術を使っても40代からの妊娠率、流産率は厳しい現状です。

 

 

卵子の質の低下と卵巣機能の低下・卵子の残存数の問題

 

加齢・老化による卵巣機能の低下が代表的な理由です。

 

卵子の残存数も低下しており、残っている卵子の染色体異常率も高くなるため、

まず妊娠する能力のある卵子を排卵させる所から大きなハードルとなります。

 

排卵したとしても受精、分割、着床といくつもの難関を越えて行かなくてはいけません。

高齢妊娠が難しいといわれる理由は卵子の老化と、卵巣機能の低下が原因となります。
不妊治療は長く続けていれば結果が出るというものではありません。

また、何度も繰り返せば確率的にできるものでもありません。

年齢的な条件や卵子の質の低下など避けられないこともあります。
だからこそ治療を続けていくなら、夫婦でじっくり納得いくまで

話し合ってほしいと思います。

カテゴリー: 症状.