群馬初の妊活ファステイング。33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による不妊専門鍼灸院です。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 高齢出産について|不妊鍼灸
スタッフブログ

高齢出産について|不妊鍼灸

 - カテゴリー " 症状 " -

[40代の不妊治療について]

 

先日、埼玉の獨協大学で不妊治療についての勉強会がありました。
男性不妊がメインの講演でいたが、「不妊治療の現実」について辰巳賢一 先生
(梅ヶ丘産婦人科院長)のお話がありました。

 

先生の著書、「最新 不妊治療がよくわかる本」は不妊について分かりやすく解説されているので、よく参考にさせていただいています。

 

4106A6tmgoL__SL110_

 

40代から不妊治療を受けられる方は増えており、鍼灸サロンRiccaに来院される方も40代の割合があがっています。

 

辰巳賢一 先生が、40代からの不妊治療についてお話しているサイトがあり、非常に興味深い内容だったのでご紹介させていただきます。
妊娠しやすいカラダづくり」より・・・・・40代の不妊治療について考える

 

 

 

不妊治療には年齢的な限界があります。
「40代は妊娠する確率が低い」ことは受け入れなくてはいけない現実です。
しかし、20代・30代の方よりもチャンスは少ないですが妊娠・出産がまだできる可能性は持っています。

 

 

 

サイトでも
「梅ヶ丘産婦人科では最先端のARTを含めてほとんどの不妊治療を実施しているにもかかわらず、40歳代の妊娠症例の約半分がタイミング法による自然妊娠や人工授精という、一瞬、耳を疑うような結果を出されているからです。

私たちは、40代で不妊治療に臨もうとされているカップル、或は、既に、長期間の治療で卵子の老化と闘っているカップルだけでなく、全てのカップルにその秘訣をお伝えしたい、お伝えしなければならないと強く感じ、先生にご協力をお願いしました。皆さんの後悔のない不妊治療のきっかけになればと思います。」

 

 

と書かれています。

自身の現状から納得のいく治療の選択をしていただければと思います。

 

IMG_2001

カテゴリー: 症状.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です