群馬初の妊活ファステイング。33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による不妊専門鍼灸院です。
ホーム > スタッフブログ > 症状 > 「35歳からのプレ更年期障害とは?」
スタッフブログ

「35歳からのプレ更年期障害とは?」

 - カテゴリー " 症状 " -

皆さんは「更年期障害」という言葉はを聞いたことはありますか?

 

一般的には、45~55歳で女性が経験するものですが、最近では、同じような症状を、

もっと若い年齢で経験している人が増えているようです。

これをプレ更年期障害、若年更年期障害と言う風に呼んでいます。

 

放っておくと卵巣機能の低下や不妊につながるので、妊活を考えている人、

もしくは妊活中の人は、必ずケアをした方が良いです。

 

 

そもそも更年期障害とは?

 

一般的な更年期障害は、45歳から55歳くらいまでに、女性が一度は経験する症状です。

私たちの体内で、心や体の「女性らしさ」を作り出しているホルモンを「女性ホルモン」と言いますが、そのうちのひとつが「エストロゲン」です。

 

エストロゲンは卵巣で作られていて、20代に最も分泌量が多くなるのですが、

年齢とともに、その分泌量は減っていきます。

 

45~55歳という閉経間近の年齢になってくると、卵巣から分泌されている「エストロゲン」の量が減っていきます。

 

そうなると、体のあちらこちらに不快な症状が出てしまいます。これが更年期障害で、

よくある症状が、「不眠症、うつ、体がほてる・のぼせる、汗が止まらない、手足が冷える、

慢性的な肩こりやイライラ、倦怠感がある」などです。
35歳からはプレ更年期障害のリスクがある

 

こういった更年期障害と同じような症状が、30代後半~40代前半に出てしまうのがプレ更年期障害になります。

プレ更年期障害になる原因も、一般的な更年期障害と同じく、

エストロゲン(女性ホルモン)の減少です。

 

 

なぜ35歳という若い年齢で、エストロゲンが減ってしまうのでしょうか?

実は、この原因は、心身のストレスによる自律神経の乱れにあります。

 

・職場や家庭でのストレス
・睡眠不足
・冷え
・栄養バランスが崩れている
・生活のリズムが乱れている

 

 

ストレスは自律神経を乱します。自律神経というのは、私たちが意識的にコントロールできない、汗をかく・血液を流す・体温を調節するといった体の機能をコントロールするものです。

この自律神経は脳の視床下部のすぐ近くにあります。

 

脳の視床下部は、卵巣に「エストロゲンを出しなさい!」という風に働きかける機能を持っています。

 

自律神経が乱れると、すぐ近くにある視床下部にも影響が及んで、その結果、

卵巣に「エストロゲンを出しなさい!」と指示する機能も乱れてしまいます。

そうすると、エストロゲンの分泌量が減ってしまいます。

 

こうした自律神経の乱れなどを整えるためにも、鍼治療はとてもおすすめです。

東洋医学では「気・血・津液・精」の4つの要素が体全体のバランスや働きにとても重要です。

これらのうち1つでもバランスが崩れれば体調不良や病気につながりやすいです。
プレ更年期障害を放っておくと、不妊の原因にもなりますので、

そうならないためにも早めに体のケアをしていきましょう。

カテゴリー: 症状.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です