はりきゅう治療専門 女性専用 群馬県高崎市の鍼灸院です。不妊治療、美容鍼をご希望の方、来院をおまちしております。
ホーム > スタッフブログ > 不妊鍼灸 > 高齢でも自然妊娠はできる?
スタッフブログ

高齢でも自然妊娠はできる?

 - カテゴリー " 不妊鍼灸 " -

 

 

 

結婚後でも働く女性が増えたり晩婚化で出産年齢が上がっているので、

必然的に初産年齢は昔と比べて上がってきています。

 

高齢出産は日本産婦人科学会では、35歳以上の初めての妊娠を高齢出産

定義しています。

 

 

 

高齢出産にはやはりリスクも伴います。

 

・妊娠糖尿病

・流産

・早産

・ダウン症を含む染色体異常の一部

 

 

 

年齢が高くなることで妊娠を維持できる力が弱まり、妊娠糖尿病や流産、

早産のリスクが高まります。

また、帝王切開の出産も増えていきます。

妊婦の年齢が高齢だからといって障害児の子が特別増えるわけではありません。

高齢によって増えるのはダウン症を含む染色体異常のみです。

 

 

 

若い頃よりは妊娠しずらくなりますが、高齢でも妊娠している方もいます。

当院の患者様でも40歳以上の方でも妊娠、出産している方もいます。

 

特に35歳以上から始める妊活は、3ヶ月以上妊娠しなければ病院へ

行って詳しい不妊の検査をしましょう。

まずは不妊の検査を行い原因を調べて、原因があればそれに対する治療方法を

見つけていくところからです。

 

 

もし不妊症と診断されても不妊の要因を取り除けば妊娠できるケースもあります。

 

ただし自然であることにこだわるよりも、医療に適切に頼った方が妊娠できる

確率は上がります。

 

 

 

 

 

そして不妊症になる病気で最も多いものは、生殖器トラブルです。

 

不妊原因の中には自覚症状がない病気もあります。

だからこそ早めに妊活をスタートして問題を解決しておくことが大切ですね。

 

 

男女別の不妊要因についていくつかご紹介します。

 

女性側の不妊要因

 

・排卵障害

卵胞が十分に育たなかったり、卵子が排出できない状態のこと。

年齢的な要因やストレス、過度のダイエットが元で起こると言われています。

 

 

・卵巣嚢腫

卵巣の内側にできる良性腫瘍。

子宮内膜症が原因で起こるケースもあります。

初期の自覚症状はないです。

症状が進むと痛みが出たり、ひどい場合は卵巣の摘出、卵巣癌に繋がるので

早めに処置してもらいましょう。

 

 

・子宮内膜症

子宮内膜が子宮以外の場所にできる病気です。

卵管や卵巣の近くにできると卵管の通りが悪くなることもあります。

症状の一つに激しい生理痛があるので、思い当たる人は要注意です。

 

 

・子宮筋腫

子宮にできる良性腫瘍。

筋腫の数が多いと子宮の内面がでこぼこになり、受精卵が着床しずらい状態になります。

下腹部や腰の痛みがある、頻尿の人は注意です。

 

 

・クラミジア

性感染症の一つで、女性の場合は悪化すると卵管障害を引き起こし、

不妊や子宮外妊娠の原因になることもあります。

目立った自覚症状がないので気づきにくいです。

 

 

 

 

男性側の不妊要因

 

 

・勃起障害(ED)

挿入できるほど勃起しない障害のこと。

若い人の場合の多くはストレスや緊張などが原因。

 

 

・射精障害

勃起はするけど正常な射精が行えないという障害。

女性の膣内だと困難な「膣内射精障害」や精液が膀胱に逆流する

「逆行性射精障害」の場合もあります。

早漏や遅漏もこれに含まれます。

 

 

・乏精子症

精子の濃度が自然妊娠に必要な量の約40%以下になっている状態。

運動している精子が40%以下になる「精子無力症」を併発することもあります。

 

 

・無精子症

男性の100人に1人の割合でみられます。

精液中に精子が全く存在しない症状のこと。

精子の通り道や精巣上体の詰まりや精巣自体に問題がある場合があります。

 

 

・精索静脈瘤

精巣からの血液の流れが滞ってこぶのようになったもの。

血の巡りが悪くなることで精巣の温度が上がり、精子が作られにくくなってしまいます。

 

 

 

 

不妊の原因の半分は男性にもあります。

不妊の原因は様々ですが、検査をすることでわかることもあるので、

不妊症の検査は必ずご夫婦一緒に受診しましょう。

 

 

 

 

鍼灸サロンRicca Instagram→https://www.instagram.com/ricca_takasaki

 

カテゴリー: 不妊鍼灸.
Twitter