群馬初の妊活ファステイング。33歳から6ヶ月で妊娠しやすい体に変える女性鍼灸師による妊活専門鍼灸院です。
ホーム > スタッフブログ > 不妊鍼灸 > 不妊治療をやめるのはいつ?
スタッフブログ

不妊治療をやめるのはいつ?

 - カテゴリー " 不妊鍼灸 " -

不妊治療をやめるのはいつ?

 

 

不妊治療をの結果、妊娠・出産。不妊治療の終わり方として、一番の理想だと思います。
ただ、全員がこうならない現実もあり、「不妊治療をいつまで続けるか?」という問いかけがでてくるカップルもたくさんいます。

 

 

芸能人が、自身の不妊治療について語る機会が増え、陣内貴美子さん、益子直美さん等、不妊治療のすえ妊娠に至らなかった自身の経験を話してくれる方もいらっしゃいます。

 

 

いつまで不妊治療を続けるか?
この問いかけに対して、専門家、不妊治療経験者、いろいろな答えがでています。

 

今回サイトにでていた産婦人科のドクターは

「たしかにやめどきがわからず、苦しんでいらっしゃる患者さんもいらっしゃいますが、みなさん自然と納得できるときが来ているように思われます。

不妊治療は終わりが見えない、すごく辛くて大変なもの、というイメージを抱かれがちですが、治療前から悩む必要はありません。

 

年齢で区切るクリニックもありますが、私は患者さんが“お子さんが欲しい”という思いがあれば、年齢を気にする必要はないと思います。

もちろん卵子が取れないなど身体に限界が来れば、そのときは納得して治療をやめることができるでしょうから」

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160606-00010005-jisin-soci
という治療を続けていくなかで、それぞれが答えを出していくことがいいとおっしゃっています。

 

13239379_825837247522342_2738886068160582951_n

 

先日、「妊活セミナ―」で鈴木おさむさんの講演の中でも同じ話題があがり、
「ある程度、ここまで頑張ろうと、時期を決めることもいいのでは。」という意見もありました。

鍼灸サロンRiccaに来院された方にも、続けるか?やめるか?の選択をする方もいらっしゃいます。

 

 

「どうすればいいですか?」

私達にアドバイスを求めてくださる方もたくさんいます。
正直に「つづけましょう!もうやめましょう!」とはっきりと言葉を伝えることはなかなかできません。

 

自身が納得しなければ、「後悔」がのこる答えになってしまいます。
私達にできるのは、ドクターの意見や、「こういう患者さんがいらっしゃいました。」という経験者の方のお話など、みなさんの選択のサポートになる材料をお話することしかできません。

 

例えば年齢!

健康な女性の場合、20代前半が25%、20代後半が15~20%、30代前半が10%、30代後半が8.3%というデータがあります。こういったデータを自身と照らし合わせて、今後の治療をどうするか?一緒に考えていくようにしていきます。

 

 

 

不妊治療をいつまでつづけるか?
夫婦で話し合う、ご家族と話し合う、夫婦それぞれが一生懸命考える、
また、私達の意見も選択の材料にしていただき、ご家族の未来を考えていただければと思います。

 

大切なのは一人で悩まない事、考えることは一人でも構いませんが、心身にストレスをかかえないよう、妊活をしていきましょう。

 

群馬県高崎市、鍼灸サロンRicca

TEL027-386-6789

 

newlyweds-608781_640

カテゴリー: 不妊鍼灸.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です